スポンサードリンク





とにかく可愛い!笑顔が素敵!あのキラキラした目が愛らしい!など、能年玲奈への声です。NHK連続ドラマ「あまちゃん」で大ブレイクした彼女。今や超人気俳優の一人となりました。
そんな彼女が、CMで違った可愛さの一面も見せています。あの可愛さは、どこから来るの。 少し探ってみました。

能年玲奈メイン画像
http://bravery.blog.so-net.ne.jp/2013-12-23-1

<プロフィール>
本 名   能年 玲奈
生年月日  1993年7月13日(21歳)
出身地   兵庫県神崎郡神河町
身 長   162 cm
血液型   A型
職 業   女優
ジャンル  テレビドラマ・映画・CM
事務所   レプロエンタテインメント

”じぇじぇじぇ”から”ドラクエスライム”に変身!?

じぇじぇじぇ”といえば、言わずと知れた2013年4月から半年間放映された、NHKの朝の連続ドラマ「あまちゃん」でしたね。ドラマの中で使われた言葉”じぇじぇじぇ”が、この年の流行語大賞にも選ばれました。

そのドラマのヒロインが能年玲奈さんです。彼女、このドラマを通じて若い人からお年寄りまで、世代を超えて多くのファンから親しまれるようになりました。 一躍超人気女優の仲間に大ブレイクしたわけですね。

そんな彼女が、CMでも違った可愛さを見せており、評判です。 彼女が出演するドラクエのモンスタースーパーライトのCMでは「仲間にしてよお・・・!強くなるから〜」とウルウルの瞳で見つめる「スライム」です。

 

そして次のバージョンでは、「メタルスライム」に進化しました!ファンの間では「能年ちゃんも、ふわふわした柔らかい雰囲気なので、ベストマッチって感じです」との声。また、「久々に胸キュンするコマーシャルだったね」などの声もあり、好評です。

これからも彼女の違った可愛さを発掘できていくといいですね。

驚きのエピソードを持つ伶奈ちゃん!? その1

そんな彼女には、幾つかのエピソードがあります。伶奈ちゃんらしいといえば、こんな話が。

「あまちゃん」ヒロインの合格発表は、オーデイション最終審査としてNHKに呼ばれ、合格通知の入った封筒を渡されるというサプライズだったようです。

しかし伶奈ちゃん、もらった封筒の中身を出して、それを声を出して読み上げてしまったそうです。本人は、最終審査の台本と勘違いしたようです。

さらにスタップから「もう一度読んでください」と言われ、何度も読んでしまったそうです。
全く本人が、気づかないところが面白い。滑稽というか伶奈ちゃんのキャラでしょうね。

最後にプロデユーサーから「能年さんに決定しましたよ。」と言われ、そこで初めて気がついたそうです。なんとなく想像のつくエピソードですね。

驚きのエピソードを持つ伶奈ちゃん!? その2

二つ目は、演技指導の先生から言われた言葉「あなたは、女優をやらないと生ゴミね」。また妹からも言われています。「普通に働いても生きていけへんな」と。

もちろん、本人は大きなショックを受けました。しかし、その後、納得したと述べています。言われて当たらずとも遠からずのところがあったのでしょうか。

演技指導の滝沢先生、このようにおっしゃっているそうです。

能年が、演技レッスンをし始めた、中学を卒業し上京してきたころ。本人はモデルを目指していて、女優になる決心がついていなかった。

ところが、ある時不意に芝居の面白さに目覚めた。当時の能年はセリフ覚えもよく、本番ではしっかりできていたが、稽古中はあまりにも悩み、できない時があまりに極端だったので「生ゴミ」発言をしたと、おっしゃっています。

その後「この業界(芸能界)だと宝石に変わるかもね。」と、伶奈ちゃんに投げかけたら、演技レッスンへの取り組みが見違えるほど変わったそうです。

おそらく伶奈ちゃん、そんな能力をもともと持ち合わせているん

でしょう。まだまだエピソードは、他にもありますが今回はこのくらいに。能年玲奈ちゃんには、もっともっと、その力を発揮してあの可愛さをばらまいてもらいたいものです。




スポンサードリンク