スポンサードリンク





毎日テレビで見ない日のない武井咲さん。テレビやドラマなどで大活躍ですね。あの彼女の明るさが、最高だとファンの多くは言います。そんな彼女のよく言われる元ヤンキーだった。また彼女の韓国好きなど。改めて探ってみました。

武井咲のメイン画像
http://ameblo.jp/poppys/entry-10770011403.html

<プロフイール>

本 名   武井 咲
生年月日  1993年12月25日(21歳)
出身地   愛知県名古屋市港区
身 長   163 cm
血液型   A型
職 業   女優、タレント、ファッションモデル
ジャンル  テレビドラマ・映画・CM
事務所   オスカープロモーション

彼女の魅力は12歳の時から!

彼女は中学1年生の時に、すでにファッションモデルとして仕事をしていました。そして翌年の2008年には、雑誌「セブンテイーン」で、表紙や、紙面を飾っていました。
当時は佐藤ありさ・桐谷美玲らと共に活躍していました。

武井咲さんは、2006年にオスカープロモーションが行った、第11回全日本国民的美少女コンテストに出ていました。残念ながら、グランプリ賞は逃しましたが、「モデル部門賞」と「マルチメディア賞」のダブル賞に輝いたのです。

どうも国民的美少女コンテストで、グランプリ賞を獲得した人たちの、以後の芸能界での活躍は、あまり見られないのが、傾向としてあるようですね。むしろ、審査員の特別賞などを獲得した人たちの方が、以後の注目度も高く、有名になった女優さんが多いようです。どうしてでしょうか。

グランプリ獲得者よりも部門賞獲得者の方が、方向性がつけやすいとも言われています。 少し過去の経過を振り返ってみますと、概略次のようです。 

・審査員特別賞:米倉涼子・上戸彩・忽那 汐里
・出場のみ:剛力彩芽
・グラビア賞:原幹恵
・演技部門賞:福田沙紀
・モデル部門賞とマルチメディア賞とのW受賞:武井 咲

グランプリ受賞者のなかで、第1回受賞の藤谷美紀・第4回の小田茜は、現在ほとんど顔を見せていません。第6回目以降でも、河北麻友子だけが少し顔を見せただけのようです。

やはり、方向性のはっきりした個性の持ち主に、人気女優の道はあるのでしょうかね。

元ヤンキーだった!?月9ドラマでも。

月9ドラマ「海の上の診療所」は、元ヤンキーという設定のようでした。確かに松田翔太さん演じる瀬崎航太とは衝突するシーンが多くありました。

ドラマは、ドラマとして現実の武井咲さんですが、元彼(番長)の情報では、地元名古屋の不良グループ「当地family」に所属していたようです。

しかし実際のところは、まだ武井さんが13歳。芸能人であることからイジメにあってしまうことを、避けるために入っていたようですね。

この事実を知った事務所は即刻メンバーたちとは、縁を切らせたということです。そして堀越学園に進学し不良グループとの付き合いは無くなったそうです。
グループに入ったのは緊急避難措置だったんですね。

韓国に強い関心!!東方神起に惚れ込む!?

武井咲さんの熱愛情報が、あっても不思議ではないのですが、どれも信憑性に欠けるものばかり。熱愛の相手は、彼氏ではなく韓国のようですね。どうして韓国なんでしょうか。

武井咲さん
http://ameblo.jp/poppys/entry-10740283788.html

以前、武井さんが韓国訪問記を描いた日本のテレビ番組が、韓国ネットユーザーの間で、話題になったことがあります。番組は、彼女が一人で韓国の街を旅する姿を追っていました。

そして、彼女は「東京に初めて出てきた時に、何もわからなく苦労した。家族みんな孤独でした。そんな時テレビに東方神起が出ていて、彼らに癒された。」と当時の状況を振り返っていました。

そして、彼女は東方神起を愛するようになったようです。その気持ちがきっかけとなり、人から「韓国が大好きです」と、国に発展していったようです。 番組では、旅のあちこちで彼女の韓国語に対する理解、韓国に対する愛着が映し出されていました。伝統衣装のチマ・チョゴリを着たりもして、本当に韓国を満喫している様子でした。

彼女は、「在日では?」とか、冷たく評する人もいますが、大いに韓国の事も好きになって、知ってもらいたいと思いますね。そうすれば、日本の事もよくわかるかもしれませんよ。

 




スポンサードリンク