スポンサードリンク





映画「母と暮らせば」、NHK大河ドラマ「真田丸」と、
今年も大活躍の女優・黒木華さん。

今月末からは、舞台で永井愛さん作・演出の
「書く女」に主役で登場します。

平成生まれなのに昭和っぽい女性と言われる黒木華さん。
すでに結婚してる?
そんな彼女にスポットを当ててみました。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20151...
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20151…

黒木華のプロフイール

生年月日   1990年3月14日(25歳)
出生地    大阪府
身 長    164 cm
血液型    B型
職 業    女優
ジャンル   映画・ドラマ・舞台
活動期間   2010年 –
活動内容   2010年:舞台デビュー 2011年:映画デビュー 2014年:映画『小さいおうち』出演
事務所    パパドゥ

黒木華は、結婚していた!?

明治から昭和初期を描いたドラマ「天皇の料理番」に
出演の黒木華さん。
彼女には、この作品がマッチするんですよね。

昭和の雰囲気にぴったりというか昭和顏と言うのでしょうか。
本人は、もちろん平成生まれなんですがね。

朝ドラ「花子とアン」や映画「小さいおうちなど
昭和を描く作品に出演しましたが、
やっぱり合うんですね。
ユニークな女性です。

そんな彼女、すでに結婚されているとの噂があります。
ネットで”黒木華”を調べると、”旦那”というキーワードが出てきます。

その旦那とされているのは、大森南明さんでした。
大森さんは、もちろん結婚されていますが・・・。
そうでした!!
奥さんは、女優の小野ゆり子さんでした。

ですから黒木華さんは結婚していません。
未婚です。

ちなみに下の写真で比較してみてください。
左が小野ゆり子さん、右が黒木華さんです。

納得されるんじゃないでしょうか。
よく似てますよねー。

黒木華、4人目の快挙達成!!銀熊賞に!!

黒木華さんを調べてみて初めて知りました。
すごい人でした。

それは、ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)
受賞していたんですね。

http://news.livedoor.com/article/detail/8541049/
http://news.livedoor.com/article/detail/8541049/

この賞は、日本人として4人目の受賞だったから快挙ですよ!

一昨年の映画「小さいおうち」(山田洋次監督)で、
この銀熊賞を獲得したんですね。

4人目というから他の3人とは誰か?
それは、左幸子・田中絹代・寺島しのぶでした。
改めて黒木華さんという女優さんに驚きです。

それでも黒木華さんは「受賞は山田監督の賞という思いが強くて、
最近になって、いただいたんだとちゃんと思えるようになりました。
受賞したことで、私のことを知ってくださる方は
増えたかなという気はします。」と語っています。

黒木華さん自身も、実感があまり湧かなかったんでしょうね。

「書く女」で主役!”自分の足で立ちたい”と!!

映画「母と暮らせば」、NHK大河ドラマ「真田丸」と
今月末からは「書く女」の舞台に主役で挑戦する黒木華さん。

「書く女」とは、どんな内容かちょっと調べてみました。

あの樋口一葉が、激動の時代を背景に
作家として成長していく姿を演じるということだそうです。

永井愛さん作・演出の「書く女」。
黒木さんも樋口一葉を演じるにあたって
たけくらべ」「にごりえ」などの作品を読み、
資料を調べたりしたそうです。

さすがに熱心な彼女!
だって、彼女の樋口一葉の知識は、
5千円札の人くらいのイメージしかなかったそうですから。

黒木華さんは、一葉の作品を読むうちに
言葉がすごく気持ちいいし、音楽のように流れる文章を書く人だな
って思ったそうです。

http://enterstage.jp/news/2015/09/003429.html
http://enterstage.jp/news/2015/09/003429.html

日本が日清戦争へ突き進む時代、一葉は文学者として
目覚しい活躍をしたのですが、ついに貧困からは抜け出すことはできなかった。

黒木華さんは「当時の女の人は、勉強なんかしなくていい、
結婚して家を守ればいいって言われていて、
でも一葉は、私は勉強したい、男性に支えられるのでなく
自分の足で立ちたいと考え、自分で道を開いたんですよね。
その姿勢が素晴らしいというか、かっこいい」と。

樋口一葉にかなり影響を受けたようですね、黒木華さん。
24年の短い生涯を駆け抜けた
樋口一葉を演ずる黒木華さんが、ますます楽しみです。




スポンサードリンク