スポンサードリンク





「ニノは演技派」などとよく耳にしますが、
二宮和也さんは本当に演技が上手なんでしょうか。
いろんな方達の評価を聞きながら判断することにしました。

http://ameblo.jp/yamabiko141/entry-10269364563.htm...
http://ameblo.jp/yamabiko141/entry-10269364563.htm…

二宮和也のプロフイール

生年月日   1983年6月17日(32歳)
出生地    東京都葛飾区
血液型    A型
職 業    歌手・俳優・タレント
ジャンル   テレビドラマ・映画・CM
事務所    ジャニーズ事務所

二宮和也、すでに13本の映画に出演!!

ジャニーズ所属で嵐の二宮和也さん。
現在32歳です。
アイドルや歌手としての活動はもちろんですが、
俳優としてもその活躍に注目が集まっていますね。

嵐の中、ジャニーズの中でも
「演技派」って感じの扱いの二宮和也さん。

彼の実際の演技力とは、どうなんでしょうかね。
そこで、これまで彼の出演した映画を振り返ってみました。

・2002年:ピカ🌟ンチLIFE IS HARDだけどHAPPY
・2003年:青の炎
・2004年:ピカ🌟ンチLIFE IS HARDだからHAPPY(続編)
・2006年:硫黄島からの手紙
・2007年:黄色い涙
・2009年:ヘブンズ・ドア
・2010年:大奥
・2011年:GANTS
・2011年:GANTS PERFECT ANSWER
・2013年:プラチナデータ
・2014年:ピカ🌟🌟🌟ンチLIFE IS HARDたぶんHAPPY(10年後作品)
・2015年:暗殺教室
・2015年:母と暮らせば
・2016年:暗殺教室 卒業編(公開予定)

以上のようで、すでに映画には13本出演しています。

二宮和也さん、19歳くらいからほとんど毎年映画には出演し、
しかも主演が多く、その役柄をこなしています。
来年も、すでに公開が予定されていますね。

監督や脚本家の二宮和也の評価は!?

ハリウッド界の大御所クリント・イーストウッド監督が、
二宮和也さんのことを大変評価していますね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E...
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E…

オーデイションで役を獲得したハリウッド映画「硫黄島からの手紙」で、
監督に二宮さんのことを「類まれな才能」とまで言わせています。

そして二宮和也さんのために脚本まで書き換えたそうです。
すごいことですよね。
ジャニーズどころか日本の俳優界でもトップレベルでしょう。

また、2003年の”青の炎”の蜷川幸雄監督は、
あの世代の演技者としては世界レベルで見ても、
十分通用すると思う」と評価してます。
こちらも二宮さんを絶賛です。

http://www.webdice.jp/dice/detail/2394/
http://www.webdice.jp/dice/detail/2394/

あの若さで、あんな繊細な演技ができるなんて。
初めて会って、5〜6分話しただけで、
二宮くんと心中しようと決めたくらい」と、監督は語っています。

もちろん、私も見ていて素晴らしいと思いました。
実際、一般の人たちの評価も高いですからね。

また、もう一人脚本家・倉本聰さん
こちらは、2007年のテレビドラマ「拝啓、父上様」です。

http://www.bfh.jp/special/7/060517/
http://www.bfh.jp/special/7/060517/

倉本さんは、この脚本を書く前から二宮さんを主演にと考えていたそうです。

最初から二宮くんに向けて書いた。
余計な作りをしない芝居。
素直に演じてくれ、人間的な素朴さがいい。」と、話しておられます。

こうしてみてみると二宮和也という人物は歌手であり、
俳優でありタレントなんですが、
俳優としては卓越した能力の持ち主のようですね。

二宮和也は、すごい能力の持ち主!!
映画界でも期待される!!

普段は、そんな風に思っていませんが、
このように監督や脚本家の方たちの評価を聞いていると
やっぱり二宮和也という男、すごいものを持っているんでしょうね。

そんな素質・能力の持ち主であることを語っている監督がいました。
それは、「ピカ🌟ンチLIFE IS HARDだけどHAPPY」の監督・堤幸彦さんです。

http://laughy.jp/item/54288a160cf25e2f6d1b9151
http://laughy.jp/item/54288a160cf25e2f6d1b9151

彼は、二宮さんのことを次のように語っています。

現在、日本の俳優の中で、最も信頼できる俳優さんです。
ミュージシャンとしても活躍しているし、
役者という切り口だけでは語れない”スター”です。
しかも周りに助けられているスターではなく、
自分の足でしっかりと立って、歩んでいくタイプのスターです。

この堤監督のお話を聞いて思うのは、
二宮さんの素晴らしいところは、
ちゃんと自立しているところだと思いました。

http://matome.naver.jp/odai/2136585888633903601
http://matome.naver.jp/odai/2136585888633903601

もちろん、俳優は一人だけでやるわけではないのですが、
精神的にちゃんとしているということなんでしょうね。

監督は、さらに二宮さんをジェームス・ディーンと
共通しているとも、おっしゃています。

今回、二宮和也さんの映画に関する評価を調べていくうちに
改めて俳優ニノさんがますます楽しみになりました。
関連記事はこちら
二宮和也、長崎を舞台に「母と暮らせば」!!どんな人? 彼女は?
二宮和也の彼女は!?現在は?ソロで夢など!小説は!?




スポンサードリンク